永遠の憧れ

永遠の憧れ

先日、2年ぶりに航空自衛隊の航空祭へ行ってきました。

航空祭デビューは石川県小松基地でしたが今回は岐阜基地へ。

男子たるもの一度は憧れるパイロットとゆう職業。

館長は戦闘機のパイロットになりたくて本気で航空自衛隊に入隊するか悩んだ時期もありました。

が、しかし、女性にモテるかも。戦闘機を操縦したいだけ。

そんな気持ちでお国や国民を守れるわけがないと断念しました。

今はF15 イーグル戦闘機を見つめているだけで幸せです❤︎

耳をつんざくようなエンジンの爆音。
頭上を通過した時の地響き。
地球にいることを実感します。

ちなみに、F15は大阪ー東京間をたったの12分で飛ぶそうです。

今回は国産ステルス機X2の展示もありました。
X2は機体だけでなく、エンジンも国産化した戦後初の国産ステルス研究機です。
あくまでも、戦闘機を作る為の研究機であり、X2自体は戦闘機ではありません。

技術が進み、パイロットの身体。
つまり、人間の身体が戦闘機の性能やGについていけない状態で、もはや人間の身体が耐えれるギリギリの性能で抑えるしかないらしいです。

館長もいつかロシアへ行きミグに乗りに行きます。

費用 2.500.000円〜

さっ。年末ジャンボ買おっと。

※ぜひ、音出しで聞いてください。

Follow me!